桑の葉青汁

桑の葉青汁おすすめ効果人気ランキング

青汁は最近では健康に良いだけではなく、便秘を解消したりダイエットに良い効果があることで女性の愛飲者が増えています。まだ昔のイメージで青汁は苦い、マズイと思っている人には、桑の葉青汁がおすすめです。

 

桑の葉青汁はケールや明日葉よりも口当たりが軽く、まろやかな味が特徴です。桑の葉青汁には幾つかの商品がありますが、ランキングでおすすめなのは以下の3商品です。

 

1位は太田胃散の桑の葉青汁で、抹茶とほうじ茶エキス末が含まれている為に、非常に飲み易い青汁です。胃腸薬で有名な太田胃酸から発売されていることもあり、信頼性も十分です。桑の葉青汁は、国産の厳選された原材料を使用しています。桑の葉はミネラルが豊富で、カルシウムや食物繊維等も豊富に含まれています。

 

糖質の吸収を抑えてくれるので、食後の急激な血糖値の上昇を防ぎ、脂肪ができにくくしてくれるのです。また、桑の葉青汁には「MBP」という成分が配合されています。MBPにはカルシウムを吸収し易くして、骨に定着させる効果があるのです。女性で骨粗しょう症が心配な人や、子どもやお年寄りなど骨を大切にしたい人にピッタリです。

 

2位はふるさと青汁で、こちらの原料には青汁として定番の大麦若葉、明日葉、桑の葉の3種類が配合されています。葉物野菜が多いと苦みが心配なのですが、ふるさと青汁には抹茶が配合されていて、苦みや渋みが少なく非常に飲み易い青汁です。

 

明日葉にはビタミンやミネラルなど、20種類以上もの栄養素が含まれています。その中で「カルコン」は明日葉にしか含まれていない成分で、抗酸化作用が強く、血糖値の上昇を防ぎ、脂肪が溜まりにくい体質に導いてくれるのです。

 

ふるさと青汁に含まれている桑の葉には「DNJ」が含まれています。これは糖質の吸収をお汗、血糖値のコントロールをしてくれることからダイエット効果が期待されている成分です。

 

桑の葉青汁に興味のある人は、まずは上記の商品から選んでみると良いでしょう。

 

 

桑の葉青汁おすすめ効果人気ランキング

 

「太田胃散の桑の葉青汁」

太田胃散の桑の葉青汁は美容やダイエットに最適です
桑の葉は緑茶よりミネラルが豊富です
糖質の吸収を穏やかにしてくれてカラダへのためこみを防ぎます
カルシウムを逃さないMBPを配合しています
高級抹茶が入って上品で飲みやすい味です
定期便で2268円 1杯38円

ふるさと青汁


八丈島産の明日葉を根っこまで贅沢に使用。
食物繊維・ビタミン・ミネラルなど女性に嬉しい栄養素のほか、明日葉特有の希少なポリフェノール「カルコン」もたっぷり!
さらに、島根県産桑の葉、熊本・大分県産大麦若葉をバランス良くブレンドすることで、美味しく飲みやすい青汁に仕上げました。
野菜不足が気になる方、外食が多い方、野菜嫌いのお子様、美容や健康に気を使いたい女性におすすめです。
定期便で3240円14包みのサンプル付き

6,000万袋突破!『お茶村の桑青汁』

神仙桑抹茶ゴールドは定期購入で5415円〜です。3位はお茶村の桑青汁で福岡のお茶屋さんが作ったこだわりの青汁です。抹茶の甘味と程よい苦みが特徴的で、緑茶の様な風味です。お茶村の桑青汁には、ビタミンやミネラル、カルシウムが豊富に含まれています。更に、「DNJ」も含まれていて、糖質の吸収を穏やかにしてくれます。
初めての方はさらに10包みとメジャーやシェイカー、歩数計もプレゼントされますからダイエットもがんばれますね!桑の葉とシモンですっきりをサポートします
おいしくて飲みやすいと子供から老人まで愛用されている青汁です

 

 

桑の葉青汁おすすめは太田胃散の桑の葉青汁

 

健康と美容、更にはダイエット効果をサポートする為に、青汁を飲んでみたいと思う人も多いでしょう。青汁を飲んで健康になった人の口コミを見ると、自分もそうなりたいと思うものです。しかし青汁というと、どうしても飲みにくいというイメージがあります。折角青汁を購入しても味が苦手で毎日続けられなくては無駄になってしまいます。

 

最近では桑の葉青汁という商品が出ています。桑の葉青汁は一般的なケールや明日葉などの青汁よりも飲み易く、続け易いという口コミも多いのです。桑の葉青汁には様々な商品がありますが、中でもおすすめなのは「太田胃散の桑の葉青汁」です。

 

太田胃散の桑の葉青汁は、胃腸薬で有名な太田製薬が製造していますので、大手企業の製品という安心感があります。高級抹茶が配合されているので、まるでお茶を飲んでいる様にほっと落ち着ける風味です。

 

桑の葉青汁の原料の桑の葉には、「DNJ」という成分が含まれています。桑の葉青汁を摂取すると、このDNJが体内で酵素の一種である「アルファ・グルコシダーゼ」という成分と結び付き、糖分の吸収を抑える働きがあります。これにより、食後の血糖値の急上昇を防いで糖質の吸収を穏やかにする効果があるのです。

 

糖質の吸収を抑えることで、脂肪やコレステロールが蓄積されるのを防げれば、生活習慣病の予防になります。そして女性に嬉しいダイエット効果も期待できるのです。

 

しかも桑の葉青汁には、ミネラルが豊富に含まれていて、ビタミンやアミノ酸、食物繊維やカルシウム、葉酸など健康に良い成分がこれでもかと含まれているのです。

 

更に、桑の葉青汁にはMBPという成分も含まれています。MBPと聞くと、乳製品に含まれている成分として有名です。MBPの働きにより、カルシウムを効率よく摂取して、骨密度を高めてくれて、骨を丈夫にしてくれる効果があります。

 

一般的に青汁は食後に飲んだ方が栄養が吸収され易いとされています。しかし桑の葉青汁を最も効果的に飲むには、食前や食事中がおすすめです。食事で摂取した糖分の吸収を抑える為には、食事の前に飲んでおく必要があるからです。

 

 

 

 

 

桑の葉青汁の効果効能

 

 

健康のために青汁を利用しているか方が増えているといわれています。あれだけ不味いといわれた青汁ですが、効果を実感している方が多いせいか、年をおうごとに人気が高まっています。最近では、飲み心地を改善した美味しい青汁も登場しています。こうした環境が整っているので、青汁が身近な飲み物になっていくことは間違いないでしょう。

 

青汁は緑葉野菜をつぶした汁のことを意味しています。緑葉野菜の汁なので、原材料には様々な野菜が用いられています。代表的な原材料としては、ケール・明日葉・大麦若葉などが挙げられます。こうした野菜は比較的多くの青汁に利用されているといえます。

 

最近では、青汁にケール・明日葉・大麦若葉以外の材料を用いることが多くなりました。材料が変わると当然栄養価も変わります。栄養価が変わると期待できる効果も変わるというわけです。中でも注目したい青汁の材料が桑の葉だといわれています。桑の葉にはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

 

桑の葉は青汁に用いられることが多い「野菜の王様・ケール」をはるかにしのぐ栄養価を含んでいます。ビタミン・ミネラル・食物繊維ともケールをしのぎます。中でも注目したい成分がカルシウムとマグネシウムです。桑の葉に含まれるカルシウムは牛乳の27倍です。同様にマグネシウムは杜仲茶の1.5倍含まれています。

 

さらに、桑の葉にはDNJと呼ばれる特有成分が含まれています。この成分は現在のところ桑の葉にしか見出されていない成分といわれています。DNJには糖質の吸収をブロックする働きがあるといわれています。現在、研究が進められている成分ですが、このような働きがあると考えられているのでダイエット食品などからも注目を集めている成分なのです。

 

 

桑の葉の効果はいろいろあるのですが、ビタミン類はコラーゲン、カルシウム、骨や歯を作るのに大変役に立ちます。また葉酸も入っているので、妊婦さんにもぴったり。
またカリウム、食物繊維が、体の中の要らないものを排出し、マグネシウムは循環器系を整えます。

 

そして桑の葉、緑茶ともに配合されているのが、カテキンです。
カテキンの最大の効果は、体の抗酸化作用、解りやすく言えば、体内のアンチエイジングです。
年を取ると体の中は不純物でいっぱい、それを取り除くのがカテキンです。

 

またポリフェノールも含まれており同じ働きをします。抗がん作用も最近では言われ始めています。
おいしいお茶1敗飲むにも品質や成分を吟味すると、これだけ体にいいものが取り込めるんです。

 

以上のように青汁にも桑の葉が用いられています。桑の葉を用いることで他の緑葉野菜にはない魅力を持った青汁が誕生します。桑の葉の栄養価が気になる方は、桑の葉を用いた青汁をご利用になると良いかもしれませんね。